株式会社 山田建築構造事務所
会社概要 業務経歴 アクセスマップ お問い合わせ 雑誌掲載コラム
下記メニューから年代別に山田建築構造事務所の
業務経歴書を見ることができます。
1)業務 建築構造の計画・設計・調査ならびに監理業務
既存建物の調査・耐震診断ならびに耐震改修
      人員数 15名
  2)業務履歴   業務建築物は抜粋によります。
注)単位は、u又はm
年度 写真 建築物名称 建築地 構造および規模 備考
種別 延面積
昭和53年
昭和54年
諌早文化会館
新築工事
長崎県 SRC 6F/B1F 5,800 劇場プロセニアムはSRC造のスペ−スフレーム構成。
観客・舞台の柱はSRC、梁はS。
  大東市民体育館
新築工事
大阪府 RC+S 2F 3,600 RF主架構は、ボックスによるキールトラス、L=50.0、温度応力考慮。
  大阪外大体育館
新築工事
大阪府 RC+S 2F 2,800 L=40.0トラス地組加工とし、クレーン2台で吊上げセットする。
主架構は、大東市民体育館と同じ。
昭和55年
昭和56年
  被昇天学園短大
新築工事
大阪府 RC+S 5F 4,200 5F講堂 柱SRC L=16.0 梁 S
  香川県営硬式野球場 香川県 RC 5F 6,800 観客20,000人、スタンド受梁はL=6.0の片持を含み現場PS梁講造・内野席上部は鉄骨アーチシェルの増築予定の為、風洞実験を行う。
  箕面市庁舎分館
増築工事
大阪府 RC+S 6F/B1F 6,000 1〜6階は、L=19.5 スパン。但し両コアーはRC耐震壁を考慮。
  草津体育館
新築工事
滋賀県 RC+S 3F 6,000 屋根スパンL=60.0 平面トラス。
設計荷重の2/3を支点摺動させる設計法の為トラス組立てはステージングによる。摺動はジャッキダウンとしRC柱の変位測定を行う。
昭和57年
昭和58年
  倉敷市児島庁舎
新築工事
岡山県 SRC 6F 9,700 スパン L=14.0 SRC梁。
  徳島新聞放送会館
新築工事
徳島県 SRC+PRC 7F/B1 20,000  
  尼崎総合センター
及び体育館
新築工事
兵庫県 PRC+RC 5F/B1F 5,000 体育館 H=12.0
L=24.0 は現場打PC梁。
センター視聴覚室 L=16.5はPRC梁。
  和歌山斎場 和歌山県 RC 2F 4,900  
昭和59年   全日空ビル
新築工事
大阪市 SRC 9F 10,600 【スパン】
12.6+6.8+12.8
【桁行】
6.2×5
コアーシステムによる事務所ビル
 
御堂筋グルメアクロスビル 大阪市 S 12F/B1F 2,400  
    浪速高校体育館
新築工事
大阪市 RC+S 4F 5,000 屋根トラスはH型鋼ボックス形状によるキール構造
L=48.0 温度応力、RC支柱バネ考慮。
    珠海国際ゴルフ場
クラブハウス、レストラン、ゲート
新築工事
珠海 RC 2F 2,600  
トップページ会社概要業務経歴書アクセスマップお問い合わせ雑誌掲載コラム
株式会社 山田建築構造事務所
大阪市中央区谷町9丁目3−7中央谷町ビル7F
COPYRIGHT(C) YAMADA STRUCTURAL ENGINEERS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED